フランスベッドのベットフレーム・マットレス・ソファ・ソファーベッド・家具の通販
フランスベッドフリーコール0120-58-2604

分割手数料0%  36回はbur_orico36.gif

配送・組立・設置・無料。専門業者が組立てるから安心です

フランスベッドのカテゴリー
よくあるお問い合わせ
ベッドとあなたの健康診断・マットレスの選び方・通気性の良いマットレス高密度連続スプリングLT
マットレスの選び方

フランスベッド販売スタッフが
商品を丁寧にご説明します
お気軽にお問合せ下さい


フランスベッドのベッド・マットレスを検索



お引取り無料

商品のお届け日について
フランスベット商品 メーカー保証付き 保証期間

▼会員専用ページ
 新規会員登録・ログインはこちら 



RSS

ATOM



本サイトの無断複写(コピー)・複製・転載を禁じます。

ふらんすべっどしょっぷ

10,800円以上お買物で送料無料

  • フランスベッドショップショッピングカート
  • フランスベッドショップご利用ガイド
  • フランスベッドショップお問い合わせ






ライフトリートメントマットレスの選び方


カラダに『YES』と言わせたマットレス。ライフトリートメントマットレスシリーズは、「4グレード×3コンプレッション(硬さ)」から、一人ひとりに合った最適なタイプのマットレスをお選びいただけます。
 

ライフトリートメントマットレスシリーズ ラインナップ

フランスベッドのライフトリートメント マットレス 商品ラインナップ
※LT-910N,LT-900N,LT-700N,LT-500Nはナノテンプサーモ仕様(特殊生地)
LT-900Nハード詳細 LT-910N/LT-900Nソフト詳細 LT-700Nハード詳細 LT-700Nミディアム詳細 LT-700Nソフト詳細 LT-700N低反発詳細 LT-500Nハード詳細 LT-500Nミディアム詳細 LT-500Nソフト LT-500低反発詳細 LT-300Nハード詳細 LT-300Nミディアム詳細 LT-300Nソフト詳細



≪特殊繊維を使用≫
「ナノテンプサーモ」に織り込まれている特殊繊維には「PCM」という物質が練りこまれています。PCMは、温度が上がると個体から液体へ、温度が下がると液体から個体へと変化。この変化に伴い「吸熱」「放熱」の働きが生まれ、温度をコントロール。暑い季節には「PCM32」寒い季節には「PCM25」と季節に応じて使い分けることでより効果を高めています。


 

ライフトリートメントマットレスの主な特徴




■LT-300N
フランスベッド独自の高密度な連続スプリングを使用し、抗菌防臭加工がされているスタンダードモデルです。衛生的で耐久性に優れたマットレスです。
■LT-500N
クッション材に羊毛を使用しています。羊毛がクッション材としてあたりの柔らかさを出し、 高い体圧の分散を実現。また、羊毛は吸水性と発散性に優れているため、マットレスに湿気がこもりにくいのが特徴です。※オールシーズンタイプ
■LT-700N
エッジサポートを使用しています。マットレスエッジ部分をウレタンで覆うことで、エッジ部分が下がることがなくなり、マットレスの有効に使える面積が増えます。全面がフラットになり寝心地も良くなります。お二人で使用される場合には特にオススメです。※オールシーズンタイプ
■LT-900N
高密度ラバータッチフォームとジャンプキルトを使用し体を優しく優雅に包み込みます。
ジャンプキルトはマットレスの表面のキルティングをマットレス全体にするのではなく、部分的に縫製していくことで、身体が沈むときに縫製部分のつっぱり感(張力)が少なくなり、フィット感が高くなります。
高密度ラバータッチフォームは、弾力のある触感が特徴のウレタンフォームです。反発力があるため、寝返りがしやすく、バネあたりが低減されます。高触感フォームは、高密度で耐久性に優れ、従来のウレタンフォームとは異なった触感がある素材です。従来のマットレスより、触感に優れた寝心地をだすことができます。※オールシーズンタイプ
■LT-910N
オーバートップ仕様となります。さらにフィット感が増し、より高い体圧分散性を実現します。高い耐圧分散性が、不要な寝返り(体重によって圧迫された身体の部分の痛み・血行不良を、体位を変える事で和らげる行動)を改善し、より深い睡眠が期待できます。 ※オールシーズンタイプ

 

FranceBedライフトリートメントマットレス Q&A

フランスベッドは硬い?

日本人に合う最高のベッドをつくりたい―。 この言葉は、フランスベッドの創業者、池田実から受け継がれているフランスベッドの原点です。フランスベッドの黎明期、定期的に欧米へでかけベッドづくりを猛勉強していた池田はある重大なことに気づきます。 それは、日本人と欧米人の骨格と生活環境の違いから生じる、ベッドの好みの違いでした。 当時は硬いベッドが好まれましたが、現在はお客様の好み・お体にに合わせ、スタンダードなタイプからラグジュアリーなマットレスまでお選び頂けます。


羊毛が入っていると、どうして良いの?

天然のエコ素材である羊毛綿は冬は暖かく、また吸湿発散性に富んでいるという特長があります。
そのため四季があり、また多湿な気候の日本においては、古くから高級寝具の素材として広く用いられています。また、その優れた復元力や燃えにくい特性を合わせ持つことから、『LT-500N、LT-700N』には羊毛綿を身体に近い部分に構成することにより、1ランク上質な眠りをご享受いただけます。
汗を多くかかれる方やお子様には特にお薦めのマットレスです。


なぜマットレスの側地にニット素材を使用しているの?

フランスベッドのマットレスは、3層構造といい、
?高密度連続スプリングで構成されるクッション層
?体圧を分散させ、部分的な落ち込みを防ぐための支持層
?柔らかな肌触りとふんわりとした寝心地を与えるソフト層

にて構成されています。そして、これらマットレスの感触をよりストレートに身体に伝え、より質の高い眠りをご享受いただくために、LT-500N以上のマットレスの側地には、ソフトで伸縮性の高いニット地を採用しました。 更に側地は、2重構造(ダブルニット)にすることにより、側地そのものにも弾力性を与え、また耐久性を高めました。


エッジサポートって何?

スプリングユニットの周囲をウレタンで囲うことにより、マットレス全体をしっかりとサポートすることの出来るシステムです。 ウレタンとスプリングの接合部分はクサビ状のウレタンがスプリングの隙間に入り込むようになっているので、密度が高まります。更に、スプリング本来の感触を損なわないようにウレタンの硬さも各スプリングユニットの硬さに合わせ使い合わせています。
エッジ部分がしっかりしているので、マットレスの端まできちんと使用でき有効面積が増えゆったりとお休みいただけます。 また、2台のベッドをピッタリとつけてお使いになる方が増えていますが、エッジサポートタイプのマットレスでしたらマットレス同士の溝も気になりません。


IMPERIALに使われている高密度ラバータッチフォームと高触感ウレタンフォームって何?

高密度ラバータッチフォームは、ラテックスフォームのような弾力のある触感が特徴のウレタンフォームです。反発力があるため、寝返りがしやすく、バネあたりが低減されます。
高触感フォームは、高密度で耐久性に優れ、従来のウレタンフォームとは異なった触感がある素材です。従来のマットレスより、触感に優れた寝心地をだすことができます。


低反発タイプについて教えてください。

LT-500N THとLT-700N THは、片面に60mmの低反発ウレタンフォーム搭載の両面低反発タイプになっています。低反発ウレタンフォームは冬でも硬くなりにくいタイプを使用しており、程よい低反発の質感と柔らかさがあります。
また、低反発ウレタンフォームは、温度により硬さが多少異なります。弊社のウレタンフォームは睡眠時の快適な庄内温度とされている33度前後で理想の硬さになるように設計されています。冬季などにお部屋が寒い場合、お休みになる20〜30分前からお部屋の温度を上げておくと快適にお休み頂けます。


フランスベッドのマットレスはどこで作っているの?

全て国内工場で作っています。フランスベッドは日本で最初にJISを取得したメーカーでもあり、工場拠点は「北海道」「東京都」「静岡県」「兵庫県」「佐賀県」にあります。


マットレスは輸入の方がいいときいたのですが・・・?

確かに現在のスプリング入りのマットレスは海外から入ってきた技術で作られています。
但し、日本に於けるベッドは、日本人の体型や気候風土に合わせ、発展してきていますので、十分にその機能と特徴を理解し購入する必要があるでしょう。
高温多湿の日本の環境には吸湿発散性能に優れたマットレスが望まれます。
また、睡眠の初期にかく多量の汗を吸湿して速やかに発散する性能が、快適で深い睡眠を得る基本です。
ですから、欧米から輸入されたマットレスが全ての日本人に向いている訳ではありません。